代表メッセージ

― 今、コールセンターの真価が問われていると思います。

現在、IT技術の発展により、私達の生活はとても効率的で便利なものになり、
さらに最近ではAI(人工知能)が注目され、様々な業界での活躍が期待されています。
そんな中、私も消費者の一人として、電話での問い合わせをする事があります。
素晴らしいオペレーターの方とお話しする事もありますが、 残念なことに、
マニュアル通りのオペレーションでしか案内されない時もあります。

それは、まるでAI・ロボットと話をしているような虚しさがあり、
私は「本当のコミュニケーションは何か?」「コールセンターの価値はどこにあるのか?」と自問自答する事があります。
お客様のご要望に全て応える事が出来たら良いですが、お電話の中には、 現実的な理由で、そうしたくても、どうしてもご要望に沿えない場合がございます。
そんな時、ただ「出来ません」の一言で終わらせてしまったのでは、
人と人が話す意味が何処にあるのでしょうか?

お客様のお話を聞き、考えを伺い、その上で私達に出来る最善の方法を
お話しさせて頂く、 どんな電話にも、気持ちの良い「終わり方」が
きっとあるはずです。

今のコールセンターには「心が通う」言葉と声が必要であり、
私達は1通話の中に、作品を生み出せるプロフェッショナルです。

ネクストリング株式会社
代表取締役社長 須藤 範丈

プレスリリース


clip

新日本パートナーズ法律事務所との顧問契約を締結いたしました。
clip

当社は個人情報保護委員会の認定個人情報保護団体である 「中小企業個人情報セキュリティー推進協会」より認証を受けております。